Touch Bar搭載のiPadという変な情報 それよりMagic Keyboardへの搭載がいい

iPad Proの新モデルにはTouch Barのような機能(表示領域)が搭載されるという怪情報が出回っています(12型の新iPad ProはTouch Bar搭載で4月4日発売か)。ただ全画面がタッチスクリーンのiPadにTouch Barが搭載されることには違和感を感じます。またTouch Barが搭載されるべきはiPadではなくMagic Keyboardではないかとも同時に感じます。

touch bar

Touch Barのアイディアは面白い

昨年のMacBook Proの発売時には大きな話題になったTouch Barですが、最近はあまり話題になりません。便利に使っている人は淡々と使い続けているはずですが、MacBook Pro自体が大量に売れる商品ではないので話題性には限界があるのも確かです。Touch Barのアイディア自体は面白そうで、実際に店頭で触った感じも悪くはなかったです。かといって、この機能のためにまだ使えるMacBookを買い換えるまでではありません。

touch bar

Touch Barの利便性は対応アプリが増えることで向上していくはずですが、対応アプリが増えるには対応端末が増える必要があります。MacBook Proの普及だけでは急速に利便性が向上することは期待できません。その意味でもMagic KeyboardにTouch Barが搭載されれば、利便性向上のスピードも上がりそうです。

Magic KeyboardもiMacも1年半前にモデルチェンジして以降、新しいモデルは出ていません。いずれもいつ更新されてもおかしくはありません。今年中とも予想されるiMacのモデルチェンジに合わせてMagic KeyboardにTouch Barが搭載されることは十分にありえます。

iPadでTouch Bar体験も可能

Touch Barの搭載されていないMacBookやiMacでもiPadと「Duet Display」で擬似的にTouch Barを体験することが可能です。アプリは有料ですが、機能はこれだけではないのでダウンロードしておいても損はないアプリです。Touch Barの便利さや雰囲気を体験するにはもってこいです。またiPad ProにTouch Barが搭載されればこんな感じになるんだろうと想像する助けにもなります。

touch bar

まだまだ「あれば便利」でも「なくてもいい」って感じのTouch Barですが、Appleはこれを世紀の発明と位置付けています。そこまで大きなこと言った手前上、これからもTouch Barの普及に努めるはずです。その一環としてiPad Proへの対応というのも一つの手だとは思いますが、僕としてはまずはMagic Keyboardへの搭載が先と考えています。

更新情報を配信します

関連コンテンツ