ラインナップ変更で「iPad mini」の存在が浮いている

Appleは「iPad」の発表でこれまでのiPadのラインナップを見直しました。iPadは今後、性能を追求するiPad Pro買いやすい価格のiPadという2ラインに整理されて行くと考えられます。これはMacBookMacBook Proの関係と同じです。しかしそこでiPad miniの存在が宙ぶらりん状態になってしまっています。

iPad mini

iPad miniのコンセプトは必要

外で使うには9.7インチのiPadは少し大きいと感じることは多くあり、僕は外ではiPad mini家ではiPadと使い分けています。軽くて持ち運びやすくて、扱いやすいiPad miniはそれだけで使うことも多いのですが、MacBookの横でメモ帳としてもう一つのディスプレイとして、重宝しています。この小回りの効いた使い方は9.7インチのiPadではできません。

ipad

iPad ProiPadの2ラインに商品が整理して行く過程で、iPad miniにも何らかの変更が及ぶことになるでしょう。この大きさの使い勝手はiPhoneや他のサイズのiPadでは代替できないので、ぜひ名称や性能はどうあれ7.9インチサイズは存続してほしいです。

iPad Pro(7.9インチ)かiPad(7.9インチ)か

小さな画面で超高性能というiPadも魅力的なのですが、7.9インチの画面で高度な処理能力が要求される作業をすることは少ないかもしれません。そのためiPad miniは近い将来、iPad 7.9インチモデルとしてリメイクされる可能性が高いと思います。その際の性能今回発表されたiPadに準じるものになるのではないでしょうか。

iPad mini

そうなればかなり買いやすい価格設定になりそうです。iPad 9.7インチモデルが3万7,800円から販売されているので、もしかしたらiPad 7.9インチモデルは2万7,800円からなんて設定も考えられます。この価格ならかなり売れ筋商品になるような気もします。期待したいと思います。

いずれにせよ、今のiPad Pro (12.9インチ、9.7インチ)の最新モデル(ベゼルレスモデル?)が発表された時、iPad miniの方針が明確になると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ