Spotifyユーザー待望のApple Watch対応アプリ、まもなく登場

日本でも昨年からサービスが始まったSpotify無料でもある程度使える音楽ストリーミングサービスとして多くのユーザーを集めています。ただApple WatchでのSpotifyの操作はあくまでiPhoneアプリのリモコン操作にとどまっており、使い勝手はあまりよくありません。それがどうやらサードパーティー製のアプリで改善されるようです。

snowy

サードパーティーアプリ「Snowy」まもなく登場

これまでApple Watchでは「再生中」でしかSpotifyを操作できなかったのですが、「Snowy」ではApple Watchから直接Spotifyの操作が可能になります。アプリの利用にはSpotifyの有料プラン(月額980円)の契約が必要ですが、Apple Watchの盤面での操作Apple Watch単体でダウンロード楽曲の再生などApple WatchでSpotifyを使いたかったユーザーの希望をほぼ叶えるものになっています。

sonwy

さらに「Snowy」はSiriやジェスチャーでのコントロールにも対応しているとされ、かなり高機能なアプリになるようです。リリース時期は不明ですが、公式サイトではメールアドレスを登録することでリリース開始の告知を受け取れるようになっています。おそらくこのアプリの登場でSpotifyはApple WatchでApple Musicと同等の利便性となるはずです。

SpotifyはApple Musicと激しく争う

Spotifyの2017年3月の有料会員数は5000万人にも達していますが、後発のApple Musicも有料会員数2000万人(2016年12月)と猛烈に追い上げています。Spotifyとしても様々なディバイスで便利に使えるようにすることは有料会員争奪戦では必須だったのでしょう。自社でApple Watchに対応しなかったのはAppleとの軋轢が原因になったのかもしれませんが、とにかく「Snowy」の登場でApple Watchでの利便性は同等になると考えて良さそうです。

apps

Apple MusicはApple製品との連携のよさ、オリジナル番組の提供など様々なサービスを投入しています。これにSpotifyがどのように対抗するのか、注目が集まるところです。双方の競争が健全に続けば定額制の音楽ストリーミング配信サービスはさらに発展するでしょう。両社の健全な競争に期待します。そのためにもAppleにはフェアな立場で競争を戦ってほしいと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ