iOS10.3.2 beta3を開発者向けに公開 5月(?)の正式版公開に向けて開発順調

先週、iOS10.3.2 beta2が開発者登録をしているユーザー向けにに公開されたのに続き、18日未明、AppleはiOS10.3.2 beta3を同じく開発者向けに公開しています。iOS10.3.2は正式リリースに向けて順調に開発が進んでいるようです。

beta3

iOS10.3.2の新機能は?

現時点でiOS10.3.2から搭載される新しい機能目立った変更点はないとされます。これからbeta版が更新されていく中で、新しい機能が追加される可能性も低いでしょう。そのためiOS10.3.1に続いてiOS10.3.2もそれほど大きな更新にはならないと予想されます。

iOS10

ただ、それでも毎回ですがiOSの最新版には脆弱性への対応バグ修正などが盛り込まれており、全てのユーザーにアップデートが推奨されています。そのユーザーが不具合で困らないようにbeta版でバグを修正しているところなのでしょう。beta版の更新ペースは順調であり、このまま順調にiOS10.3.2のbeta版の更新が続けば、正式版は5月中旬にリリースされることになりそうです。

次はiOS11だー

5月にiOS10.3.2がリリースされれば、いよいよ次の関心はWWDCで発表されるiOS11に移ります。まだiOS11に盛り込まれる新機能についての情報はほとんど出てきていません。しかしユーザーは「ダークモード」など、これまで噂になったものの搭載されてこなかった機能に期待しています。どんな機能が搭載され、iPhoneがどのように便利に使えるのか、iOS11による発展には大いに期待したいです。

コンセプト画像

また画期的な進化を遂げると予想されるiPhone8iOS11で動くことになります。そうなれば当然ですがiOS11のベータ版にはiPhone8に向けた準備が多数搭載されているはずです。その準備を見ることで未だに想像の域を超えないiPhone8の具体的な姿が見えてくるかもしれません。

wwdc

本当に全面液晶になるのか顔認証は搭載されるのか液晶内にTouch IDが埋め込まれるのかAR対応はあるのかワイヤレス充電は可能になるのか、などこれまで出てきた様々な噂の答え合せがiOS11で可能になるのではないかと期待しています。なおiOS11が発表されるであろうWWDCの基調講演は6月6日午前2時(日本時間)から始まります。

更新情報を配信します

関連コンテンツ