au LTE 150Mbpsエリアは671ヵ所に

auが提供しているLTEサービスのうち、下り最大150Mbpsとなるエリアは徐々に全国に拡大しています。先ほど、3月末時点の150Mbpsエリアが公開されました。これまで公表されていたエリアは殆どが東日本でしたが、中国、四国地方にもエリアが拡大しています。

関西以西の150Mbpsエリア

これら地域は2.1GHz帯単独で20MHz幅を確保できている場所で、キャリアアグリケーションの実施を待たずに下り最大150Mbps(iPhone5, 5s, 5cでは100Mbps)が体験できます。大都市部はキャリアアグリケーションで150Mbps、地方都市や都市周辺は2.1GHz単独で150Mbpsという整備方針なのでしょう。

これまで地方都市でも中心部以外が150Mbpsエリアとなっていたのですが、四国では県庁所在地の市街地でもエリア化が進んでいます。このまま3Gの通信量が少ない場所から、徐々に全国の地方都市に150Mbpsエリアが広がっていくのではないでしょう。

これからもauのLTEでは2.1GHz帯単独での150Mbpsエリアが拡大していくと続くと予想されますが、これは将来的に、さらに高速のキャリアアグリケーションへと繋がっていく基盤になっていきます。キャリアアグリケーションを利用することで、将来的には今の携帯電話では想像もつかない速度での通信が可能になるようです。想像がつきませんが、そこには便利な未来が待っていると信じたいところです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ