「Apple サポート」アプリが大幅に刷新

AppleはiOSアプリ「Apple サポート」を大幅に刷新し、iPhoneiPadなどのApples製品を使いこなすヒントをアプリ内の「発見」タブの中に表示するようにしています。

discover

iPhoneの説明書

これまでサポートアプリは故障や問題が発生した時に参照するアプリでした。しかし今回の更新でiPhoneの説明書のような位置付けになっています。アプリ内ではスクリーンショットの撮り方やアプリのダウンロード方法、iMessageの送信方法などが開設されており、基本的な使い方が丁寧に解説されています。

support

一時期「iPhoneには説明書がない」ということが操作、利用の簡便性を象徴するものとして賞賛されていました。しかし時代は変わり、iPhoneを解説なしで使うのは困難になりつつあります。特にAppleが次々と提供する新機能には、何も知らなければ辿り着くことすらできません。時々、iPhoneを買ったままの状態で、一切アプリを追加せずに使っている人も見かけます。そうしたユーザーになんとかして一歩進んだ使い方をして欲しいとAppleは常に気を使っています。

ヒントアプリにYouTubeチャンネル

今回のサポートアプリの更新以外にもAppleは初心者向けのiPhoneの使い方、コツを常に発信しています。ヒントアプリは購入時からiPhoneにインストールされており、そこでは初歩的な使い方が解説されています。さらに先日はiPhoneやiPadの操作方法などを解説するYouTubeチャンネル(英語)を開設しています。iPhoneを使いこなすユーザーを育てていこうという強い意図をAppleは持っているようです。

iPhoneを使いこなすユーザーが増えれば、iPhoneを継続的に買い続けるユーザーも増えます。またiPhoneを使いこなすユーザーが増えれば、Apple PayApple MusiciCloudストレージなどのサービス利用者も増えるでしょう。もちろんアプリの売上高も向上するはずです。iPhoneの販売台数がこれ以上大きく伸びにくくなっている状況で、AppleはよりiPhoneを深く使ってもらうという方向に舵を切りつつあると考えられます。

更新情報を配信します