ヤフーのイー・アクセス買収 市場は厳しく評価?

先日電撃的に発表されたヤフーのイー・アクセス買収ですが、グループ内での資本の移動という側面もあり、極端に大きなインパクトにはなっていないようです。逆にヤフー株は28日の始値が495円(前日終値比54円安)となるなど、株式市場は厳し目に採点したようです。

Yahoo! JAPANトップのバナー

株価は時々の状況で決まるものでそう簡単に買収評価を図る数字には出来ないのですが、第一印象の判断としてはマイナスだったのかもしれません。

しかし僕自身は(ソフトバンクの影響力を排除できればという条件付きで)ヤフーの買収には期待します。ヤフーが携帯電話用の電波を自由に使ってサービスを提供すると非常に面白い世界になりそうです。なんだかんだ言ってヤフーはずっと日本のインターネットサービスの中心です。その企業が電波という武器を手に入れて、どう発展するか。それはGoogleもAppleもAmazonも踏み入れていない領域です。そこには期待します。

しかし、現実的にはソフトバンクグループとしてソフトバンク回線の契約獲得の一翼を担ってしまうような営業方法になってしまうのでしょう。端末はワイモバイル回線とソフトバンク回線を使って1契約で2回線。Y!スマホとソフトバンクWi-Fiルーター同時契約でYahoo!ポイント30000Pプレゼント!!とかだと幻滅です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ