Google ニュースアプリはApple Newsアプリのライバルか?

GoogleはAIを使ってオススメ記事を掲載してくれるニュースアプリ「Google ニュース」をリリースしました。同様の機能を持ったアプリはAppleもアメリカ、イギリス、オーストラリアの3カ国で提供しており、両アプリはいいライバル関係になりそうです。もちろん日本ではAppleのNewsアプリが提供されていないのでGoogle ニュースの独壇場ですが。

Google

Googleの利用履歴を参照

AppleのNewsアプリGoogle ニュースも、自動的にユーザーの好みに合わせた記事を表示するシステムを搭載しています。しかし利用する情報に差があります。Googleのニュースアプリは個人の興味に加えてGoogleアカウントに紐づけられた情報を使って記事を選別して、ユーザーに提供します。そのため、よりうユーザーの好みにマッチしたニュースが届けられるようになっています。

Apple

AppleのNewsアプリ

一方でAppleはユーザー情報の追跡とその利用に慎重な姿勢を保っているため、あくまでNewsアプリ内でのお気に入り登録や閲覧履歴を基にして記事を選別します。そのためオススメ記事が必ずしもユーザーの求めるものと一致しないことも多くあるとされます。AppleはNewsアプリの便利さ追求のための個人情報利用においては一歩退いて構えているようです。

人間による編集に違い

自動での記事選択ではGoogle ニュースが情報を多く使って、よりユーザーの好みに合う記事を掲載できているとされますが、AppleのNewsアプリの最大の特徴は人間によるオススメ記事の紹介です。Spotlightタブでは編集者が質の高い、価値のある情報として選別したニュースが表示されます。これがAppleのNewsアプリの最大の特徴になっており、Google ニュースとの最も違う点となっています。

Spotlight

記事の自動選択に優れるGoogle編集者によるオススメが特徴のApple、どちらがいいのかは結局は個人の好みに寄るところが大きいのでしょう。ただ日本ではAppleのNewsアプリが提供されていないのでニュースアプリはGoogle ニュースを使うしかないのかもしれません。

更新情報を配信します