ドコモ LTE下り最大150Mbps(iPhoe5s/5cは100Mbps)エリアがじわっと拡大

高速化を急ぐドコモのLTE(Xi)ですが、下り最大150Mbps(iPhone5s/5cでは100Mbps)のエリアマップが更新されています。東京ではこれまで原宿駅周辺だけが150Mbpsに対応していましたが、大崎駅と新宿駅、西早稲田近辺にもエリアが拡大してます。

これまで都心部はLTEの速度があまり出なくて評判が良くなかったドコモのLTEですが、年末にかけて山手線エリアを中心に150Mbpsエリアの整備が進みそうです。頻繁にエリアマップを更新しているようで、高速化はドコモのLTEの特徴にしていこうという意図が見えます。

auはようやく23区でも都心から離れた場所で75Mbps化が始まったところ、ソフトバンクでも都心部を含めて75Mbpsエリアの構築が進められている状態です。そこにドコモは150Mbpsエリアの整備で、スピード競争で差をつけようとしているようです。来年4月には東京都心ではかなりのエリアが下り最大150Mbpsに対応し、それとほぼ同時期にドコモでもiPadの取扱いが始まります。LTEとiPhone, iPadを組み合わせた競争はさらに激しくなりそうです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ