国内版SIMフリーiPhone発売でヤフオクも壊滅状態

国内で突然SIMフリー版iPhone5s/5cが発売になり、海外版の輸入業者は大打撃を受けたというニュースも出ていました。その影響はもちろんのことながらSIMフリーiPhoneが沢山出品されていたヤフオクにも波及しています。

これまで海外で購入したSIMフリー版をヤフオクで販売すると多少の利益が出ていたようです。個人や企業が今でもSIMフリー版のiPhoneを多く出品しています。しかしどれも国内版の価格より低い値段で取引されています。おそらく利益目的で海外で購入しても殆ど利益は見込めない状態になっているのではないでしょうか。

28日20時時点の情報(入札数順)

海外版は国内で使える電波(LTE周波数)に制限がある場合があり、国内版SIMフリーiPhoneより通信の性能が劣るケースもあります。その結果として国内版より低い価格での取引となっているのでしょう。しかし逆に考えると国内の格安SIMで運用(高速通信を使わない運用)を考えているなら、ヤフオクで安く端末を購入するのもアリかもしれません。

ただ、SIMフリー版のiPhoneは契約や対応周波数なども条件を見極める必要があり、詳しい人でないと難しいと思います。特に海外版のSIMフリーiPhoneは安いからと飛びつく商品ではないと思われます。

更新情報を配信します

関連コンテンツ