KDDIがiPadの下取り価格を発表 旧モデルは安め

先の記事でも攻めてるなー、と書いたKDDIですが、iPad Air, mini購入時に手持ちのiPadセルラーモデル、もしくはWi-Fiモデルの下取りを実施すると発表していました。そして今日、その価格を発表しています(iPad 下取りプログラム au)。

第四世代(Wi-Fiモデル)のiPad Retinaモデルは8,400円~14,700円、iPad miniは6,300円~10,500円となっていて、それほど高い下取り価格ではありません。それぞれ容量が上がるごとに2,100円ずつ買い取り価格が上昇します。

一方でセルラーモデルはKDDIで契約された端末のみが対象で、iPad miniが10,000ポイントから、iPad Retinaが12,000ポイントからの下取りになります。こちらもそれぞれ容量が上がるごとに2,000ポイントずつ付与ポイントが上昇します。

そして第三世代以前のモデルは一律5,250円となります。iPad(初代)の16GBモデルもiPad(3rd)の64GBモデルも5,250円です。ちょっと第三世代のiPadには厳しい価格かもしれません。逆に初代の下取り価格としては頑張ったほうかもしれません。

更新情報を配信します

関連コンテンツ