やっぱり「5C」の存在に違和感

噂が多くなってきた次期iPhoneですが、このブログでも取り上げる回数が増えていきそうです。でも考えれば考えるほど違和感を持たざるを得ない存在が「iPhone 5C」です。

まず廉価版という位置づけ自体に疑問があります。iPhoneだけでなくApple製品は厳格なブランド管理を行なうことで競争力を維持しています。販売店にもブランド力を維持する為に価格や販売方法でかなり厳しい条件が課せられています。しかし廉価版であるiPhone 5Cはその取り組みと逆行するような製品になってしまう気もします。

そして次に引っ掛かるのが、iPhone 5Sと同時発売で、さらに5色展開であるという点です。いままで、発売直後の混乱状態では2色の販売で精一杯だったはずです。それを5Sと5C合わせて8色展開とすることは不可能に近いのではないでしょうか。販売の現場だけでなく、製造や流通、さらには在庫管理などでも相当混乱しそうです。
そう考えると、iPhone 5Cは中国専用モデルで発売はiPhone 5Sから1〜2ヶ月ほど遅れて、となるのが自然な気がします。秋から年末までの時期に中国でTD-LTEサービスが始まりそうで、それに合わせて発売というストーリーが浮かび上がってきます。

上海の街にiPhone5Cを持った若者が溢れるのかな

更新情報を配信します

関連コンテンツ