4インチiPhoneはiPhone5seじゃなくiPhone SE?って名前はどうでもいいよ

15日にも発表されると噂されている4インチiPhoneの名称がもしかしたらiPhone5seじゃなくて、iPhone SEになるとここにきて報じられるようになりました。もともとiPhone5eだった気もしますが、いつの間にかiPhone5seと言われるようになり、今度はiPhone SEになるという噂です。

名前より3サイズ展開の事実が重要

先日噂が流れたiPad Air39.7インチiPad Proになるって噂くらい、どうでもいい話です。重要なのはこれからもAppleがiPhoneを3つのサイズで新製品を出していくということです。スマートフォンの需要が一巡した今の時代、その用途は人それぞれ、求めるサイズも違います。タブレットもそうです。

iPhone SE、iPhone、iPhone Plusの3サイズ、iPad mini、iPad、iPad Proの3サイズ、これでiOSディバイス求められるサイズはほぼ網羅されるのではないでしょうか。3×3の組み合わせでかなり広い要求に応えられるでしょう。

サイズが増えるのは迷走?

ディバイスのサイズが増えることを「迷走」という人もいます。確かにジョブズ時代のiPhone、iPadは1つのサイズでそれぞれが強烈な存在感を発揮していました。

しかし1つのサイズで複雑化したユーザーの要求を満たせるような時代ではなくなっています。人々がiPhoneだからと言って無条件で使ってくれる時代でもありません。成熟したユーザーの需要に丁寧に応えることこそ、今のiPhone(iPad)に求められていることです。

できれば3サイズ、すべてに最新機能を盛り込んで毎年更新してもらいたいです。しかし「廉価版」として4インチモデルを出すなら、機能は抑えめで更新も毎年から2年に一度くらいになるのかもしれません。とにかく3月15日?の発表を楽しみにしたいです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ