デジカメ→Eye-Fi→iPad→iCloud→Mac→デジカメプリント

4月からの新生活、証明写真の必要なケースも出てくるかもしれません。ただ街角の証明写真ブースで撮影すると500円もします。でも、カメラ屋さんのデジカメ現像サービスなら35円で済みます。またデジカメなので何度も撮り直しができ、パソコンで細かい修正もできます。

僕もパスポートの更新で証明写真が必要な状況になり、自分で撮影した写真を使うことにしました。Eye-Fi(公式サイトへのリンク)を装着したデジカメで撮影した写真は、ワイヤレスでiPadに転送されるように設定してあります。iPadに転送された写真はそのままiCloudのフォトストリームに自動で転送されます。

フォトストリームに転送された写真はMacBookにも転送され、サイズや傾き、明るさなどを修正することができます。パスポートの写真はサイズが細かく決まっているので写真の修正は必須です。で、修正できた写真はデジカメプリントサービスで現像の注文ができます。

その後、近くの店舗に写真を撮りにいけば完成です。これで結構安くつきます。

Eye-Fi Mobile X2
8GB EFJ-MB-8G
(Amazonへのリンク)
パスポートも更新 次はどこに行こうか

更新情報を配信します

関連コンテンツ