au LTE(iPhone、iPad用)のエリアを細かく公開 ここまでやるなら…

auのLTE(iPhone, iPad用)のLTEエリアがより細かく検索できるようになりました(auのサイト)。今までは自治体単位でのエリア公開でしたが、丁目(字)単位まで分かるようになっています。ちなみにこれまでは12月時点だったエリアが2月時点に更新されています。

右のスクリーンショットは帯広市のエリアの一部ですが、さらに下にも続いていてかなりエリアが充実していることが分かります。ここまで細かく公開されているなら、実用上、ほぼ問題のないレベルになっていると思います。

例えば旅行に行く時に旅館がエリアになっているか、帰省時に行く親戚の家は、4月から引っ越しする新居は、新しい赴任先は、学校は、と細かく分かると思います。そういう意味で実用上の問題は無くなったと思います。

でも、、、ここまで公開するならマップも公開できそうですが、、、どうなんでしょう。確かにLTEは3Gに比べてデリケートなエリアになっていると思いますが、そこらへんを考慮したマップ作成システムが上手くできていないのでしょうか。

更新情報を配信します

関連コンテンツ