au iPhone5 LTEの感想

週末、都心部を中心にLTE探しのたびに出てきました。といっても新宿区、港区、千代田区、中央区と回っただけですが、結果は非常に満足できるレベルでした。このエリアを回っている間、LTE以外をつかまなかったのは意外でした。3Gに無理やり落として速度を測ることはありましたがすぐにLTEを掴みなおします。逆に大規模施設の屋内や地下はまだLTEエリア外です。地下や屋内でのエリア充実は小型基地局や中継局の整備を待たなくてはいけません。



西新宿の外れで測定
下りとLATENCYが秀逸



ただスピードは普通です。たまにネット上で見るような30Mbps、50Mbpsなんてのはなかったです。大体7~10Mbps、スポット的に20Mbpsが出る程度です。都心部も大きな基地局でエリアをカバーしているのでは?と推測される結果です。ただ今後、現在の5MHz幅(最大37.5Mbps)から10MHz幅(最大75Mbps)へとグレードアップするとアナウンスされており、スピードも上がってくる可能性はあります。

このLTEのスピード、今までと何が変わるのか。僕の場合は、まずiPhoneで撮影した写真(3MB)をメールで送受信する時に速さを実感できました。またLTEは遅延が非常に小さい(だいたい50msくらい)ので、サイト閲覧が捗ります。技術革新を実感できるのは楽しいものです。

もう少し、au LTEの特徴を見極めて使い方を吟味していきたいと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ