iPhoneのDockコネクタ変更は少し困る

Macbook Pro, iPhone, iPadをカバンに入れて「ポータブルオフィス」として仕事をしている僕にとって次期iPhoneからDockコネクタが変更になる「噂」が本当だったら困ります。できるだけ荷物を減らす工夫をしているのに、コネクタの変更は荷物が増える要因になります。荷物は本体だけでなく、充電コードや接続コード、マウス、テンキー、イヤフォン等も含むのでこれ以上コード類の荷物を増やしたくないのが実情です。

これ以上USBまわりがややこしくなるのも困ります
今回もし変更になったとしても、おそらく新旧の変換コネクタも付属、もしくは販売されると思います。当分はそれを使う事になるのでしょうが、やはりスマートではありません。いっそのこと、汎用性が高いミニUSBにしてくれたらどれだけ助かるか、って感じです。
もしミニUSBになればモバイルルーターとモバイルブースターの接続コード、デジカメとMacの接続コードなんかと共通化できて、それぞれをスマートに持ち運べます。独自規格で独自の世界を作り上げているAppleですが、共通化のメリットも是非取り入れて欲しいところです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ