iOS6からクローズアップされそうなvimeoについてお勉強

昨日ようやくアカウントを取ったvimeoですが、YouTubeとは色々違って面白いです。全部英語なのが厄介ですが、綺麗な動画を撮ってアップロードしたくなるサービスです。ただ有料会員と無料会員の制度があるようで、無料会員はアップロードに関して制限が設けられています。自身の作品の発表の場として使うなら有料会員になるのがいいのかもしれませんが、普通のおっさんは無料で十分。

アップロードはDropbox経由でも可能で、動画ファイルをMac内で移しかえるだけで自動的にアップロードできそうなので便利です。またYouTubeと同様にFacebookやTwitteで共有する事もできて、動画共有サービスの基本機能はちゃんとしています。ただ無料会員だとアップロード終了から公開までに30分ほど待たされるようです。YouTubeだと公開待ち時間は10分ほどでしょうか、少し不便に感じます。

次期iPhoneからYouTubeがデフォルトアプリから除外されるようです。その隙間をついてvimeoが普及すれば面白いでしょう。なにしろアップロードされている映像のクオリティはYouTubeとは比較になりません。芸術性の高さでもAppleとvimeoは相性の良さそうな感じです。両社の協業に期待したいところです。

vimeoの動画(上)とYouTubeの動画(下)を比較

パッと観た感じはvimeoの方が画質は上ですね。

更新情報を配信します

関連コンテンツ