ポータブルオフィスにLTEは必要か?

MacBook Proをメインマシンとして、iPadを資料表示ディスプレイ、iPhoneを携帯電話としてポータブルオフィス構築を進めています。また、いまのところ仕事はWi-Fi環境のある場所でしているので、モバイルルーターを持ち歩くには至っていません。しかし将来的(近い将来)には場所を選ばずに仕事をしたいな、と思っているのでモバイルルーターの契約は継続中(利用のない月は270円)です。

契約中のモバイルルーター

しかし今の契約は下り最大7.2Mbpsと最近流行のLTEやWiMAXに比べて見劣りするのも事実です。で、高速プランを検討したのですが、よくよく考えてみるとそんなに高速なインターネットが必要かどうか、そこが疑問になってきました。仕事で動画や音楽を扱う訳でもなく、大容量通信はせいぜいメールで十数MBのファイルをやり取りする程度です。しかもそれほど頻繁でなく、これなら現時点でLTEやWiMAXに変更する必要はなさそうかな、という結論になりました。

ただLTEは低遅延で安定的な通信が可能といわれているので、ネットで情報収集するときの生産性向上は魅力的です。またクラウドサービスをもっと頻繁に使うようになればファイルの送受信は頻繁に行われることになり、高速大容量通信も必要になってくるかもしれません。値段とエリアがこなれてきたら検討に値すると思います。最終的には自分のワークスタイル、便利さ、価格の兼ね合いになりそうです。


モバイルルーターを持って、長期滞在の旅行をしながら仕事、、、夢だけは広がります。

更新情報を配信します

関連コンテンツ