iOS6で案外期待できそうなフォトストリーム共有

この秋にリリース予定のiOS6、新機能は色々あるのですが案外期待できそうなのがフォトストリームの共有機能じゃないでしょうか。これまで写真を撮って誰かと共有する場合はメールやSNSを使っていました。特にプライベート度の高い写真はメールで送ることが多かったです。CCに両親や姉妹を入れて、一括送信って感じで送っていました。iOS6からはフォトストリームの共有機能が便利そうです。メールのように送信に時間はかからなさそう、幸い、自分の親も奥さんの親もiPadを使っていて、姉も妹もiPhoneを使っています。これはかなり使い勝手が上がりそうな気配です。

孫の写真、旅行の写真、兄弟であった時の写真、いろいろなシチュエーションでフォトストリームの共有機能が威力を発揮してくれそうです。できれば共有グループがいくつか登録できて、友達や家族なんかと簡単に共有できるようになってればいいです。SNSよりさらにプライベートな共有機能として使っていこうと思っています。

こんな感じで使い道を考えていると、iOSはよりプライベートな用途に特化していきそうです。仕事ではGoogle系のサービス、私用ではApple系のサービスと使い分けるのがいいかも知れません。ちなみに僕の仕事用iPadのメールアプリにはGoogleのGmailをリアルタイム受信に設定して、iCloudのメールはiPhoneと家のiPadに設定しています。Google DriveのiOS用のアプリが出てれば、それを仕事用のiPadに導入してよりGoogle系のサービスを仕事用とする予定です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ