iPad, iPhone, Macbook + Wi-Fiルーターがベストな気がしてきた

iPhoneとiPad、それにMacbookをもっているという人も多いでしょう。そんな人にとって、発売モデルごとにころころ変わる電波周波数や通信規格は厄介です。もし今秋に発売されるiPhoneがLTEに対応していたとして、それが国内でどの程度使えるかは不明です。またiPhoneでもKDDI版とSoftBank版で周波数や通信規格、更には通話エリアや通信品質に大きな差があり、何を選べばいいのか、、、って状態です。

そこで、もう通信はモバイルルーターに任せてしまって、iPhoneのモバイル通信機能は通話専用に、iPadもWi-Fiモデルにしてしまう。そんな使い方がベストかもしれません。

この運用でのコツはiPhoneとモバイルルーターのキャリアを分けることです。例えばiPhoneはSoftbankでモバイルルーターはdocomoのXiとか、そうすることで重要な連絡手段のiPhoneで圏外を避けることができ、さらに広範囲で高速通信の利用が可能になります。またルーターはiPhoneやiPadが対応しない国内のローカル周波数に対応していることが多いので、快適な通信ができるようになります。

ようするに、iPhoneにテザリングなんていらないし、iPadはWi-Fiモデルで十分って結論です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ