次世代Apple Watchにセルラー通信搭載の噂に期待したい

Wall Street Journalが伝えたところによるとAppleは次世代Apple Watchに高性能CPUとセルラー通信機能を搭載するための取り組みを続けているとのことです。現時点で機能の限られているApple Watchの可能性を広げる取り組みとして期待したいです。

iPhoneからは独立?

Apple Watchのアプリは6月からリリースされる分について、Apple Watch単体でも作動することが求められます。Apple WatchアプリはペアリングしたiPhoneがそばになくてもある程度の機能を提供できるようになります。

これにセルラー通信機能が加わればiPhoneの出番はかなり減りそうです。今のApple Watchはネットワークとの接続の大部分をペアリングされているiPhoneに依存しています。これがApple Watchだけで通信ができるようになると、その可能性はかなり広がるはずです。

ただ複雑で重い処理も同時にiPhoneに依存することでバッテリーの消費電力を抑えています。高性能なCPUを搭載し、自身で重い処理も行うようになればApple Watchのバッテリー持続時間が短くなる可能性もあります。Appleはそのあたりの作り込みを行っている段階なのかもしれません。

Apple SIM搭載?

もしApple Watchがセルラー通信に対応したとして、小さなディバイスにSIMカードを出し入れるスペースを作るのは難しいかもしれません。そこで最近Appleが注力しつつあるApple SIMが活用されると予想します。

9.7インチiPad Proに内蔵されているApple SIMはeSIMであり、一般的なSIMカードではありません。eSIMであればSIMトレイは不要であり、小さなディバイスにも組み込みやすくなります。eSIM方式のApple SIMをiPadからApple Watchにも拡大させていくのでしょうか。気になるところではあります。

更新情報を配信します

関連コンテンツ