Apple TV、第三世代と第四世代は併売される

いよいよ明後日から出荷開始となるAppl TV(第四世代)ですが、どうやら第三世代のApple TVも当面は販売が継続されるようです。高機能になって一気に2倍以上の価格になってしまった第四世代ではなく、Apple TVの基本的な部分だけを安く楽しみたいという需要をカバーする狙いがあると考えられます。

ちなみにApple TV(第四世代)のリモコンは第三世代のApple TV本体より高い値段が設定されており、Apple TVが大幅に値上がりした大きな要因になっています。

ただこのリモコンを使ってすることは、まだ限られています。Siriでの操作やアプリのコントローロラートしての役割が強調されれていますが、これまでのApple TVで十分という人には少しオーバースペック気味ではあります。また他社製のリモコンを購入することで、よりアプリの操作を簡単にすることもできますが、これも要、不要は人によって大きく異なりそうです。

映画や音楽、動画ストリーミング配を中心に楽しむなら、もしかしたら第三世代のApple TVで十分なのかもしれません。

なお第四世代のApple TVが発売になることで、中古ではありますがオークションには第二、第三世代のApple TVが多く出品されそうです。もしできるだけ安くAppl TVの基本的な部分を体験したいという人はオークションに注目してもいいかもしれません。

更新情報を配信します

関連コンテンツ