iPhone6sにも16GBモデル存続!?これは嬉しい

僕はiPhoneは16GB派です。ないも考えずに、どんどんコンテンツを保存するなら64GBや128GBの方がいいのは知っています。しかし色々工夫してストレージを節約するのも楽しいものです。まあ本体代金が安いってのも大きな理由ですが、ずっと16GBを買い続けています。

この16GBがiPhone6sからはなくなるという噂が一時で回りましたが、最近になってロジックボードの図面が流出し、それによるとどうやら16GBも引き続き製造されるようです。これは僕にとって嬉しいリークです。16GBじゃ物足りないとはいえ、今のiPhoneにはストレージを節約するサービスが用意されています。

Apple Musicもクラウドからのストリーミング配信であり、オフライン再生をしないならどれだけ音楽を聴いてもiPhoneの容量を使いません。またiCloudフォトライブラりも写真や動画でストレージを食いつぶされるのを防いでくれます。これらは全て月額料金が必要なサービスですが、ストレージ節約以上のメリットもあるので便利に利用させてもらています。

スクリーンショットにあるように、16GBモデルで特に何も考えずに使っていても、常に1GBほどの空き容量を自動で確保してくれる感じです。たまに500MBくらいまで空き容量が減りますが、どこかでやりくりして、いつの間にか1GBくらいまで空きが増えています。iCloudの空き容量はまだまだ余裕があります。こちらも残り容量を気にする段階ではありません。

今年も買うならiPhone6s(Plus?)の16GBです。可能性は低ですが、もしiPhone6cが出れば、iPhone6cの16GBが購入候補ナンバーワンです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ