iPhone6cの情報流出がない、心配だ

さてiPhone6sの情報がどんどん漏れてきています(‘iPhone 6s’ Front Panel Depicted in New Photos, Said to Be in Production)。時期的に製造過程に入っていて、もうAppleも情報流出を止めることはできないのでしょう。流出した情報からすればiPhone6sはiPhone6とデザイン上の大きな変更点はなさそうです。2年ごとの大きくデザインを変更する今までの方針を踏襲したとも言えます。

さて時期的にはiPhone6sだけでなく、iPhone6cの画像が出てきてもおかしくないはずです。カラーバリエーションを用意して、最新技術を盛り込まないことで価格を抑えたiPhone5cの発売から2年経ちました。今年はiPhone6cの登場に期待しているのですが、iPhone6cに関しては製造過程からの情報漏洩がありません。

iPhone5cの時はリーク情報がいち早くその存在を広めました。情報を見たAppleファンの多くは「こんなiPhoneいらない」と反応し、僕も「出るはずがない」と思ったのですが、リーク情報は正しかったことがのちに証明されました。

今回はどうなのでしょうか。AppleはiPhone5cの失敗を公には認めていませんが、人気がなかったのは確実です。初期の製造リソースを不人気モデルに割り振るのは不合理でもあります。情報の流出がないことを考えると、もしiPhone6cが出るとしても、発売日はずれる可能性も無きにしも非ずです。

ちなみに僕は結局iPhone5cファンになり、発売日に購入しました。その後もこのブログで応援していたのですが、iPhone5cが人気機種になることはありませんでした。それでもiPhone6cが出れば発売日に買いたいと思っています。Apple Watch SPORTとカラフルなiPhoneは相性がいい気もします。

更新情報を配信します

関連コンテンツ