UQもiPhone5sを販売へ! 価格はiPhone SEより高くなる?

UQコミュニケーションズは国内初となるMVNOによるiPhoneの販売を7月15日から開始します。機種はiPhone5sで、販売価格は16GBモデルが54,000円程度となる見込みです。ただこの時期に2年9ヶ月前に発売された機種をこの価格で販売することに疑問もあります。(UQコミュニケーションズ報道発表

iPhone5sはVoLTEもない、WiMAX2+も使えない

iPhone5s

今回UQコミュニケーションズが販売を始めるiPhone5sAppleによる発売から3年近くが経過し、性能面で物足りないことは否定できません。LTE通信の下り最大速度は100Mbpsで最新機種の1/3です。またiPhone6から対応し、既にスタンダードな機能となったVoLTEも使えず、UQコミュニケーションズの提供するWiMAX2+も使えません。

Y! iPhone5s

ソフトバンクのサブブランドであるY!mobileでもiPhone5sは販売されていますが、UQコミュニケーションズの販売分も含めて、機種の性能を考えるとこの時期に敢えてiPhone5sを購入する理由は見当たりません。

SIMフリーiPhone SEより高価格

Sankei BizによればUQコミュニケーションズによるiPhone5sの販売価格は16GBモデルで54,000円程度の見込みであり、今年の3月に発売されたiPhone SE同容量モデル(47,900円)よりも高い設定となっています。販売に際して何らかの割引が入ることになると思いますが、前述の性能面に加えて、価格面でも今の時期にiPhone5sを購入することにメリットは感じません

iPhone SE

iPhone SEの性能は最新機種であるiPhone6sに少し劣る部分もありますが、搭載されているチップなどは同等であり、今後長く使える機種になるはずです。しかしiPhone5sは古い機種であり、数年以内にOSアップグレードの対象から外れるなど、サポートの打ち切りも想定されます。3年、4年と使い続けるとするなら、やはりiPhone SEの方がオススメです。

Y!mobileに続いてUQコミュニケーションズでもiPhone5sが販売されるようですが、その意図はイマイチ理解しにくい部分もあります

更新情報を配信します

関連コンテンツ