Apple Watch、理想としては試着したほうがいい

Apple Watchの予約開始が4月10日に迫っていますが、いち早く手に入れるには試着せずにそのまま購入予約するのがいいのかもしれません。しかし腕時計は身につけるもので、試着した上で購入するのがベストです。

画面の大きさなんかは想像できるのですが、全体の重さや重量のバランスは実際に身につけてみないとなんとも言えません。本体が重くてバンドだけがやけに軽かったりすると、ずっと「つけてる感」が無くなりません(僕の場合)。バンドの質感も気になります。肌触りだったり、色合いだったり、カタログ(Webサイト)だけではわからない部分があります。

また装着した時のバンドの余りの部分の長さやその処理も気になることも多いです。さらに言えばApple Watchをつける時(つけた時)に竜頭が邪魔になるなんてこともなきにしもあらずです。カタログの数字や写真、映像ではわからない部分が多いのも、これまでのApple製品とは違います。Appleが今までと違う売り方を模索しているのも、この辺が関係しているのかもしれません。

僕の場合はスポーツモデルを購入予定なので、重さやバランス以外にはそれほど気にはならないのですが、やはり試着してから考えたほうがいいのかもしれません。どのくらい売れるか予想がつかないだけに、発売当日手に入れるには予約必須とは言われていますが、いつまでに予約すればいいのか、想像がつきません。

更新情報を配信します

関連コンテンツ