CarPlayはイマイチの印象、Apple Watchがそうならなきゃいいけど

Appleは2014年3月にCarPlayとして自動車内でiPhoneと連携させる車載機を発表しました。既に国内外の自動車メーカーや車載機メーカーがCarPlay対応を発表していますが、全体としてイマイチの印象です。音楽再生やナビゲーションをiOSアプリで行ったり、Siriと対話形式でメッセージの送受信を行ったり、確かに発想はいいのですがそれぞれの完成度という点で既存のカーナビに及ばない部分も多くあるように思います。

そもそも描写が簡素で渋滞情報などに対応していないiOSのあの地図をカーナビとして使うのは難しいという問題点があります。またSiriでの日本の住所入力などでもまだ問題は多いよです。当初こそiOSと自動車の融合として期待されたCarPlayですが、発表から間もなく1年が経とうとしている現在でも、未だに中途半端な存在であることは否めません。

そこで心配になるのがApple Watchです。Apple Watchにはエクササイズ管理用の端末として期待しているのですが、やはりそこで利用される地図もiOSの地図です。地図の完成度の低さにApple Watch自身の使い勝手が引っ張られないか心配です。

Appleは地図アプリの改善に力を入れているようですが、Googleは一歩も二歩も先をいっています。もしAppleが本気でCarPlayやApple Watchを便利にしたいなら、地図のさらなる改善は避けて通れないでしょう。iOS6以降の地図問題はまだ尾を引いていると言っても過言ではないと思います。

地図以外にも微妙な部分(電池の持ち、GPS非搭載など)も多くありそうで、Apple Watchの将来を心配してしまいます。おそらく発売直後、めちゃくちゃ叩かれると思います。販売台数もそれほど伸びないかもしれません。それでも便利なアプリのリリースやiPhoneとの連携を通して徐々に評価は上がっていくはずです。もちろん発売直後に購入予定ですが、CarPlayのこともあって一抹の不安を感じているのも事実です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ