結局新プランは複雑怪奇 もう少し丸くなってから契約したい

今週の大きな動きとして、auの新プラン発表、ソフトバンクの新プラン受付開始がありました。3社ともによく似てはいるけど、細部はかなり違います。少しでも有利な契約をしたいならかなり慎重な検討が必要です。

また新プランと旧プランの整合性も上手くとれていない感じがします。ソフトバンクの場合は引き継がれるキャンペーン、引き継ぐために条件のあるキャンペーン、引き継がれないキャンペーンがかなり複雑になっています。このあたりの複雑さもキャリア間の比較を困難にしています。

キャリア間での比較を困難にすることは、無駄な競争をしなくても済むメリットがあります。しかしこのメリットはキャリア側にしかありません。利用者は比較する気をなくしてしまうだけです。おそらく、新料金プランの初期はこの複雑さが維持されるでしょう。しかし時間を経るとともに徐々に3社でプランのシンプル化が進み、比較しやすくはなってくるはずです。

iPhone6購入時に新プランへと移行しようと考えているので、各社ともできれば早めにシンプルで比較しやいプランへと進化して欲しいところです。しかしこれにはもう少し時間がかかりそうです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ