Apple TVでNHKプラスを観る方法

NHKは地上波放送のインターネット同時配信サービス「NHKプラス」を開始しました。PCのWebブラウザやスマートフォンアプリで視聴可能であり、テレビアンテナやチューナーがなくてもNHKの放送を楽しむことができます。ではApple TVNHKプラスの配信を楽しむことはできるのでしょうか。

NHK プラス

アンテナ端子がなくても

リビングにあるApple TVが接続されているテレビはアンテナに接続されているのが一般的です。その場合は単にNHKにテレビのチャンネルを合わせれば放送を楽しめるのでApple TV経由でNHKプラスを視聴する必要性はほぼありません。しかしアンテナ端子のない場所にあるテレビ(主にApple TVのコンテンツを楽しむためのモニタなど)でもNHKの番組がネット経由で見られるとすれば、大きな意味があると思います。

アプリからAirPlayは不便

現在、NHKプラスにはApple TV向けのアプリはありません。なのでApple TVが接続されたテレビにNHKプラスの動画を映すにはちょっとした工夫が必要です。簡単なのはNHKプラスのiPhoneアプリからAirPlayでApple TVに映像と音声を飛ばしてしまう方法です。アプリからはAirPlayの操作ができないので、コントロールセンターを呼び出してAirPlayアイコン(下の写真、右上の丸と三角のマーク)をタップすることでApple TVに投影できます。

しかしこの方法でApple TVでNHKプラスを楽しんでいても、iPhone側でアプリを終了(もしくは他のアプリを開く、スリープ状態に移行)してしまうとApple TVでの映像・動画もストップしてしまいます。ほんの少しの間なら問題ないのですが、5分、10分と投影するなら全く使い物にならない方法です。アプリからのAirPlayはあまりお勧めはできません。

MacからAirPlayならなんとか

Apple TVはiOS端末だけでなくMacからもAirPlayが可能です。MacからのAirPlayは視聴中の動画を投影するだけでなく、サブディスプレイとしてApple TVに繋いだテレビモニタを使えるようにもなっており、これを使うのが現時点でApple TVでNHKプラスを観る最適な方法だと思われます。

AirPlay

AirPlayを「個別のディスプレイとして使用」にすればApple TVに繋いだテレビディスプレイをMacのサブディスプレイにできます。ChromeをサブディスプレイにしたApple TV(に繋いだテレビ)に表示し、ブラウザ内でNHKプラスを再生、全画面表示にしてしまえばOKです。通常のテレビ放送をテレビで見ている感覚でNHKの番組を楽しめます。できればApple TV向けのアプリが出てくれればいいのですが、それまではこの方法で凌ぐしかなさそうです。

更新情報を配信します