Apple Musicのプロモーション動画をgifで配信 iMessageにも添付可能

AppleはApple Musicのプロモーションの一環として同サービスのプロモーション動画をgif形式で配信しています。配信はgif動画共有サイト「GIPHY」のApple Musicのアカウントを通じて行われており、すでに85の動画がアップされています。

apple

gif動画はiMessageで簡単に共有可能

GIPHYにアップされた動画は簡単にiMessageで共有できます。iPhoneにGIPHYアプリをダウンロードして、iMessage内のアプリタブでGIPHYのアイコンを選択して「Apple Music」と検索すれば公式動画が出てきます。メッセージに添付することで言葉に彩りを添えられるかもしれません。

imessage

アメリカではFacebook Messagergif動画に対応して以来、スタンプよりもgif動画でコミュニケーションをとることが一般的になったと言われています。iMessageもその文化を受け継ぎ、gif動画を簡単に送受信できます。今回Apple Musicがgif動画の配信を始めたのも、Apple MuiscのプロモーションiMessageの利用促進の二つの意味があるようです。

日本ではiMessageの影は薄い

Apple製品のユーザーしか使えないiMessageはメッセージアプリとしてはまだ不完全です。さらに日本ではLINEの一強状態が続いており、iMessageが多少の機能改善を果たしたところでアプリの勢力関係に変化はなさそうです。テイラー・スイフトのgif動画が遅れるからiMessageを使いたい、ってユーザーはほとんどいないでしょう。

wwdc 2017

この状態を解消するにはiMessage for Androidの登場が必要、とはこのブログにずっと書いてきました。昨年のWWDC前にiMessgeがAndroid端末にも対応するとの噂があったのですが、WWDCでは何も触れられず、その後は立ち消えになっています。ただiMessageをもっと有効に使いたいと考えている人は多そうです。そのためにも早い時期にiMessage for Androidのリリースをお願いしたいところです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ