iPhone SEの新モデルをWWDCで発表?? これはデタラメな噂だろう

製造工程からリークされたと思われる「スマートフォンの背面カバー」の写真が「Slashleaks」に掲載されています。タイトルはiPhone SE (2017)となっており、iPhone SEの新モデルであると主張されています。またこの新モデルは2017年のWWDCで発表されるとも説明されていますが、この情報はかなり怪しい情報だと思われます。(Purported ‘2017’ iPhone leak hints at Ion-X back glass

iPhone SEの新モデルは期待薄

もともとiPhoneの大画面化に伴い、従来の4インチサイズを望むユーザー向けに販売されたのがiPhone SEでした。確かに4インチサイズは扱いやすいメリットがあり、iPhone6やiPhone7にはない魅力があるのも事実です。しかし低価格を実現するために性能は抑えられており、3月のストレージ容量の見直しの際にも抑えられた性能が向上することはありませんでした。

iPhone SE

iPhone SEの通信速度は下り最大150Mbpsでキャリアアグリゲーションには対応していません。またNFC-Fにも対応していないため、日本でApple Payも使えません。これらをiPhone7と同等にするなら、内部の回路、アンテナを再設計する必要があると考えられます。これには多大なコストがかかり、低価格を維持するのは難しくなるのでしょう。そう簡単に4インチのiPhone SEの性能向上は期待できないのかもしれません。

WWDCは製品発表の場ではない

さらにWWDCiPhone SE (2017)が発表されるという情報に信ぴょう性がない原因が、そもそもWWDCでは最近新製品の発表がないことがあります。近年、開発者イベントとしての性格を強めているWWDCでそれほど最新技術が盛り込まれるわけでもないiPhone SEの新モデルが発表されるというのは不自然です。今回の情報はかなり信憑性が低いと言わざるを得ないでしょう。

airpods

ちなみにiPad Proの新モデルSiri搭載のスピーカー型端末の発表をWWDCに期待する向きもあります。しかし同様の理由でこれらの発表はあまり期待しないほうがいいかもしれません。ただSiri搭載スピーカーは、大幅に機能を強化したSiriの応用製品としてコンセプトが示される可能性は0ではないと考えます。可能性は低いと思いますが。

macOS

やはりWWDCでの発表はiOSmacOSwatchOStvOSが中心になると考えられます。あまり製品の新モデル発表に期待しすぎると裏切られることになるでしょう。

更新情報を配信します

関連コンテンツ