「iTunes」Windows Storeでの配布実現(今年中に)

マイクロソフトはWidows Store内でiTunesを配信すると発表しました。iTunesはこれまでもWindowsバージョンがAppleのサイトで配布されていましたが、この作動については評判が悪く「AppleはMacの販促のためにWindows用のiTunesを使いにくくしている」とも言われていました。今回のWindows Storeでの配信開始でiTunesWindowsで使いやすくなることが期待されています。

itunes

最も普及しているOSで快適に作動?

先日開催されたAppleの決算発表でもMac(MacBook Pro)が好調だと発表されましたが、それでも全世界のmacOSのシェアは数%程度です。残りは殆どがWidows搭載マシンであり、そのWindows搭載PCでiTunesが快適に使えるようになるとすれば、これはAppleの音楽戦略にとって重要なことであるのは間違いありません。

itunes

今年中とされるiTunesWindows Storeでの配信開始は大きな意味を持つことになりそうです。またiTunesは音楽や動画コンテンツの配信だけでなく、iPhone、iPadのバックアップにも使われます。iTunesの操作性が上がるとすれば多くのiPhoneユーザーの利便性向上に一役かうことになるでしょう。非常に大きな一歩だと思われます。

iTunesがダメすぎてMacBookを購入

僕も過去にWindows PCを使っていたので、iPadの同期音楽の管理なんかをWindows用のiTunesでやっていました。しかしこのiTunesの性能はかなり悪く、起動に時間がかかるため殆ど使い物にならないレベルでした。そしてどうせなら、ということでMacBook Proを購入して、仕事用のツールをどんどんOS Xのアプリに置き換えていきました。

itunes

今では対応アプリの増加や個人的なノウハウの蓄積で業務上の問題は殆どがなくなりましたが、乗り換えるのはそれなりに大変でした。しかしその大変さに匹敵するくらいWindows用のiTunesの出来は悪かったです。僕の場合は運よく個人の最良で乗り換えが可能だったのですが、多くの人はそうはできません。そういった人たちにとってiTunesが快適になるのは喜ばしいことだと考えます。

更新情報を配信します

関連コンテンツ