クリスマスに活躍したのはEye-Fi フォトストリーム Apple TV

連休からクリスマスイブ、クリスマスまで世間並みにイベントを楽しめました。実家から両親を向かえてホームパーティーをしたのですが、やっぱり活躍してくれたのはEye-Fiとフォトストリームでした。

Eye-Fi(公式サイトへのリンク)を挿入したデジタルカメラで撮影すると、その写真はワイヤレスでiOS端末(専用アプリをインストールしておく必要があります)に転送できます。そしてiOS端末に転送した写真はフォトストリームの共有で、遠くの親戚にも転送して共有できます。

Eye-Fiは入れるだけでOK

またiPhone内にある写真や動画、vimeoにUPした動画、フォトストリームの写真などはApple TVを使うとリビングの大画面で皆で見られます。ホームパーティーで撮影した写真を終わってから、ソファでゆっくり見返したり、ちょうど一年前の写真と今の姿を見比べたり、なかなか楽しく使えます。AppleのCMのように、涙ぐむ場面はありませんが。

AppleのCM

普段、自分だけで写真を見るだけならiPadやMacBookで十分なのですが、大勢の人が集まるとApple TVが活躍してくれます。こういう使い方は年に数回ですが、実際に使うとその便利さを実感できます。


Eye-Fi Mobi 32GB
Amazonへのリンク

更新情報を配信します

関連コンテンツ