安いからとiPhone5を買う人には積極的にiPhone5cを勧めます

新型のiPhone5s/5cが発売されて一ヶ月ほど経ちますが、依然としてauでもソフトバンクでもiPhone5が販売されています。auは「在庫処分的なオペレーション(田中社長)」として多くの特典(主にキャッシュバック)を付けて販売しているようです。ソフトバンクでもauほどではないにしても、iPhone5は格安で購入できるiPhoneという位置づけになっています。

しかし、僕はiPhone5cがある今、あえてiPhone5を買う理由はそれほど強くないと感じています。特にauでは、iPhone5s/5cで通信環境は大幅に改善されています。完成されたLTEネットワークの使えるiPhone5cか、発展途上のiPhone5か、という選択肢でiPhone5はマイナスだと思います。一方でソフトバンクのiPhone5でも来春開始予定の900MHz帯のLTEに対応していないなど、iPhone5cと比べた欠点ははっきりしています。

 iPhone5cはバッテリーの持続時間も改善されているとAppleから発表されています。公称のバッテリー持続時間だけでなく、通信環境の改善によるバッテリーの持続時間増加も期待でき、処理速度などでは同じ性能ですが、カタログの数字に表れない部分での差が大きいと思います。

ってことで、みなさんiPhone5cの魅力をもっと感じてください。iPhone5cはまだあまり見かけません。2度ほど電車で見かけたくらいです。まだ「へー、5cを買ったんだ」と聞かれることも多いですが、その場を借りて5cの魅力を広めています。決して廉価版ではありません。

マットな質感も気に入っています

更新情報を配信します

関連コンテンツ