埼玉南西部のLTE(au iPhone5向け)は5,10,15MHz混在でおもしろい

先日、川越市の「川越百万灯夏まつり」に出かけてきました。

お祭りを楽しむついでに、この地域のauのiPhone5向けLTEの状況を見てきました。結果、川越市中心部(川越駅周辺を除く)は比較的広いエリアで10MHz幅のLTEエリアとなっていました。屋内で3Gになることもあったので、それほど分厚いエリア化はなされてないかもしれませんが、速度は20〜40Mbpsとかなり速いエリアでした。

その後、西武線本川越駅から所沢経由で西武池袋線へと乗り換えて帰路についたのですが、この路線はなかなか面白かったです。川越を出てしばらく10MHz幅のエリアが続きましたが、狭山市駅に入る直前に15MHz幅の電波をキャッチしました。

僕自身、初めての15MHz幅だったので、スピードテストもしたかったのですが、キャッチしたのは短い時間だったのでそれは叶いませんでした。その後、3Gに一瞬なりましたが、再び10MHz幅のLTEエリアが続きます。

しかし、東京都に入って少しして、東久留米駅に入る直前に5MHz幅のエリアになってしまいました。そこから東の東京都内はずーっと5MHz幅です。ほんの数十分の間に5、10、15MHzを行き来する、珍しい路線だと思います。

ちなみに昨日確かめた10MHzのエリアは、auが発表しているエリアより、ほんの少しだけ都心方向へと広がっている気もしますが、まだまだです。早くこいこい10MHz幅、です。

お祭りも面白かったです

更新情報を配信します

関連コンテンツ