容量で迷ってる人向け、16GBモデルを選んだ人の感想

iPhone5を買う時、色と容量で悩む人が多いです。色は好みで選ぶしかないですが、容量は利用実態を考えないと失敗します。で、僕は16GBです。毎日iPhoneを使って、写真を撮ってSNSやブログに投稿したり動画を撮影したりって使い方をするので、ヘビーユーザーの部類に入るかもしれません。でも16GBにしました。

理由は簡単、本体価格が安いからです。ただ、16GBは余裕のある容量ではないので利用には工夫が必要です。まず写真と動画は一旦全てMacbook Proに取り込んで、いつでも見たい写真だけをiPhoneと同期しました。動画は全てVimeo(iOSアプリ)を使って同サービス経由で見ることにします。アプリも殆ど使っていないものを中心に大幅に削除。使うときはその都度ダウンロードすればいいでしょう。音楽は少しだけ保存、iTunes matchが始まるまで持ち歩く曲数を減らします。

これで使用容量は4.8GBにまで落とせました。残り8.7GB、かなり余裕です。これから使っていくうちに徐々に空き容量が減っていくと思いますが、それでも2年は使えそうな気はします。

ただし、この使い方は常にWi-Fi/LTE/3G圏内にいることが前提になります。動画を誰かに見せたいとき、圏外だとダメです。また地図アプリもオンライン地図なので圏外で使いたいときは事前にスクリーンショットを保存しておく必要があります。細かいところで不便ですが、そんなに頻繁に困ることはないと判断して16GBにしました。

Vimeo – Vimeo, LLC
無料、YouTubeのような動画共有サービス
3G/LTE通信環境下でも高画質で視聴できます

更新情報を配信します

関連コンテンツ