Mountain Lionのかわいいところ

配信初日にMountain Lionを反射的にダウンロードして、日々、機能をじっくり確かめていますが、なかなか便利になったと思われます。他のブログなどを見てもそれほど低い評価はないので、概ね好評なのでしょう。機能毎に僕なりの感想を書いていきます。

まずは通知センター、まだメールくらいしか通知されませんが、作業中にも着信をさりげなく知らせてくれるのでいいです。メールの通知はバナーにしておけば、重要度ですぐに確認するか否かを決められます(通知を無視すれば数秒でバナーは消えます)。

MacBook Proで再生中のYouTubeを
テレビにAirPlay(フル画面表示も出来ます)

次にAirPlay、あまり使わないかなと思ったのですがFacetimeをAirPlayを使えば自宅のテレビでまさにテレビ電話が楽しめます。テレビでするFacetimeはMacBookやiPadでするFacetimeとはおもむきが異なり、ゆっくり楽しめる感じです。姪っ子とのFacetimeで「テレビでみてるんだよ〜」と言ったら凄くうらやましがられました。姪っ子は親のiPhoneでやっているので大きな画面がうらやましいようです。この機能はFacetime以外にも可能性を感じます。なおAirPlayにはApple TVが必要です。

iCloudはPagesやNumbersの使い方に慣れてから、って段階です。仕事以外ではiCloudをクラウドサービスの本命として使おうと思っているので、便利になったのは確かです。でも、まだiWork’sに慣れてないので使いこなせてはいません。もっとiCloudに対応したアプリが増えればさらに便利になるのに、とは感じています。

twitterとの連携は便利になった、と思う人も多いと思います。でも僕は久しぶりにtwitterを再開して、使い道を煮詰めようと思っている段階です。秋にFacebookと連携すれば、そちらに一本化される気もします。

メモやリマインダーの同期、iMessageは便利なんだろうなぁ、って感じです。両方ともそれほど頻繁に使う機能ではないので僕にはよくわからないですが、これからメモは使うかもしれません。

動作が重くなったり、バッテリーの減りが早くなったり、なんて不具合もないので、いま自分の使っているアプリが対応しているならアップグレードするのがおすすめです。

Mountain Lion
(1,700円、App Storeからダウンロード)

更新情報を配信します

関連コンテンツ