新学期に使うiPad

4月、気持ちは凄く新鮮になります。僕の会社の決算期は4月じゃないのに、なんだか街の雰囲気を吸い取っていかにも新年度、って気持ちです。でも一番フレッシュなのはこの春から高校、大学に進学する学生さん、とくに故郷を離れて一人暮らしを始める新大学1年生なんて天地がひっくり返るくらいの変化を体験していると思います。

そんな彼らこそ、iPadを活用して新生活を楽しくして欲しいですね。僕が一人暮らしを始めた大学1年生だったらこんな使い方、ってのを妄想してみます。

・一人暮らしで新聞はWebが基本、毎日朝刊・夕刊が届くと想像以上に古紙の処理が大変です。iPadホーム画面に新聞社サイトのショートカットを纏めておけば案外使えます。故郷の新聞も入れておけば地元の友達との話題にも困りません。就活を考えて日本経済新聞 for iPadを、なんて考えている人もいるかもしれませんが、それはその時からで大丈夫です。

・電話はSkype for iPadLINE(iPhoneアプリ)との併用。一人暮らしで固定回線を引く人はかなり少なくなったようです。でも携帯電話で実家と電話するとそれだけで月に数千円…、そうならないためにもiPad/iPhoneにSkypeを導入して節約しましょう。数千円が数百円になるのは学生でなくてもうれしいです。また普段連絡する友達がみんなLINEを使っているなら、それもダウンロードしましょう。料金は携帯電話以上に複雑で自分にあったアプリの使い分けが必要でしょう。

・スケジュール管理も大切。大学生は時間単位で忙しい、ってことはないですが4月は例外です。新入生歓迎コンパ、クラス会、履修登録、ガイダンス、健康診断。それに自動車学校とかダブルスクールなんかも予定に入ってきます。これらをきっちり管理するにはiPhoneとiPadを同期させておくと便利です。iPhoneで新しい予定を入れて、家に帰ってiPadで予定の隙間を確認して自分の予定を入れる。とにかく4月は忙しいです。

FacebookTwitterも幅を広げられます。特にFacebookはかなり使えます。高校時代の人間関係とは比べ物になりません。サークルの先輩とFacebookで繋がれば、その先輩はOBと繋がってたりします。いろんな年齢の人と繋がれる、有益なツールになるはずです。3年、4年になると研究室つながりで教授や準教授と繋がることもあるでしょう、そうなればその向こうに専門分野の興味深いネットワークも見えてきます。

ちょっと考えただけで、なかなか面白そうです。十数年前を思い出してしまいました。あの頃にiPhoneやiPadがあればまた違った生活になっていたのかな。

更新情報を配信します

関連コンテンツ