Apple Storeのワークショップに参加

今日の午前中、Apple Store表参道のワークショップに参加してきました。「Apple Watchでつながろう」と題されたワークショップでしたが、Apple Watchの基本をおさらいするような内容でした。

参加者全員がApple Watchに関しては初心者でまだ試しに使っているって感じで、基本的な講座で良かったと思います。そしてなにより、講師であるApple StoreのスタッフがまだApple Watchを購入できていないとのことで、それほど詳しい感じではありませんでした。

そのためみんなでわかること、分からないことを確認し合う不思議なワークショップになってしまいましたが、新しい発見もありました。

Apple WatchからiPhoneのカメラアプリを起動できるのは知っていましたが、Apple Watch側からピントと明るさを固定できることは初めて知りました。やり方はiPhoneと同じで画面の長押しでできるのですが、こういう操作はワークショップという場で触ってみなければなかなか発見できません。

またマップアプリでナビゲーションを利用する時、右折、左折のポイントに近づくとApple Watchが振動します。これは知っていたのですが、右と左で振動のパターンが異なるようです。この機能はまだ使ったことがなかったので、その工夫に感心してしまいました。

もう少し講師の人がApple Watchに詳しくなれば、もう一度くらい参加してもいいかなと思って胃mす。

更新情報を配信します

関連コンテンツ