スーパーマリオラン、不具合修正版(1.0.1)公開 ただし今後の大幅更新予定はなし

日本時間の12月16日未明にiPhone、iPad向けに先行リリースされたスーパーマリオランの不具合修正版が公開されています。バージョン番号は1.0.1となっています。しかし任天堂DeNAは今回のような不具合修正以外の更新(ステージやキャラクターなどの追加)を行う予定はないとしています(Nintendo Shares Fall After ‘Super Mario Run’ Disappoints)。

super mario run

追加課金なしならステージ追加も望み薄

スーパーマリオランは1回(1,200円)を支払えば、以降は一切課金なしで全てのコンテンツを楽しむことができます。買い切り型のアプリであるため、よくあるスマホアプリのように課金ユーザーを増やすために運営側がコンテンツをどんどん追加していくことはないようです。個人的にはステージが増えればいいとは思うのですが、「1,200円で追加課金なし」と大々的に宣伝したため、追加ステージを販売するのは難しいのでしょう。

kakin

そもそもスーパーマリオランは完成品として1,200円という値段がついています。キャラクターの追加や限定アイテムの配布でユーザーを飽きさせないアプリとは根本的に課金に対する考え方が違うのでしょう。スーパーマリオランの売り方は一昔前のファミコンソフト販売に似ていますが、今の課金アプリの遊び方に慣れたユーザーには少しとっつきにくかったようで、アプリの評価欄は課金方法に対する不満が多く見られます。

不具合修正はDeNAが担当、随時対応を実施

任天堂はスーパーマリオランの更新を予定していませんが、アプリの運営を担当するDeNAは今回のような不具合修正を継続的に行っていくとしています。まあ不具合は修正していく必要があるのは確かで、定期的にスーパーマリオランのソフトのバージョン番号は小数点以下が積み上がっていくのでしょう。まあアプリ内課金の追加で新しいステージが販売されるというのは期待薄かも知れませんが、全ての色のついたコインをコンプリートしたユーザーには隠しステージが解放されるとか、そういう工夫があってもいいとは思います。

スーパーマリオラン

ちなみに色のついたコインを集めるのは序盤は比較的に簡単に進みます。ただコインを集めるのはステージが上がるごとに難しくなっておいます。この難しいステージを走り抜けた人に、追加のステージが解放されるのは悪くないとおもんだけどなー

更新情報を配信します

関連コンテンツ