GoPro HERO5 Session、iPhoneとの連携は抜群(Apple Watchアプリもあり)

今日、初めてアクションカメラなる分野の製品を購入しました。購入したのは定番のGoProシリーズの中間モデルGoPro HERO5 Sessionですが、なかなか面白そうです。まだ少ししかさわれていませんが、iPhoneやApple Watchと連携させることで便利に使えそうです。

HERO5 SESSION

iPhoneアプリから細かい設定が可能

GoPro HERO5 Sessionはアクションカメラというだけあって、小さくて軽くて必要最低限のスイッチ・画面しか搭載されていません。そのため各種設定は多少不便です。しかしiPhoneアプリGoProを連携させることで、その不便は解消されます。iPhoneからシャッターを押すだけでなく、画角の調整撮影モードの変更も可能になっています。

gopro

go apple watch

また動画は撮影中の映像がiPhoneで確認できるようになっており、今どんな映像を撮影できているかもわかります。さらにGoProアプリはApple Watchにも対応しており、Apple Watchからシャッターを押す、撮影を開始・終了できるようになっています。Apple Watchからの操作に対応していることで様々なシチュエーションでの撮影が可能になりそうです。

USB-C搭載も便利

GoPro HERO5は充電などに使う端子としてUSB-Cを採用しています。そのためMacBook用のACアダプター充電ケーブルでGoPro HERO5も充電できます。充電コードを新たに持ち運ぶ必要はありません。またMacBookにGoPro HERO5内のデータを取り込む際にもこのケーブルがあればOKです。これは地味に便利そうです。

go pro

ちなみにWi-FiBluetooth接続でもiPhoneアプリにデータを転送でき、そのままiPhoneの写真アプリへの保存iCloud Driveへの書き出しが可能になります。GoPro HERO5 Sessionの本体はシンプルなのですが、iPhoneと合わせて使うことでかなり便利に使えそうです。GoPro HERO5 Sessionはいろんな場面で使いたいと思えるいい製品だと思います。

ちなみに上の動画はタイムラプスムービーモードで撮影した動画です。1080pで撮影できるのでYouTubeにアップするには十分な画質となっています。


GoPro GoPro HERO5 Session CHDHS-501-JP

更新情報を配信します

関連コンテンツ