「Apple Watchの機能拡張バンドに関する特許取得」は期待できそう

IT Proは海外メディアの情報と米国の特許情報を元にAppleがApple Watchのバンドによる機能拡張関する特許を取得したと報じています。これはApple Watch発売当初から期待されていたもので、ようやくその動きが本格化しつつあるのかもしれません。(Apple Watchをバンドで多機能化する技術、Appleが特許を取得

band

Apple Watchには隠し端子が存在

2015年にApple Watch第一世代が発売された直後、本体のバンド取り付け部分に端子が存在することが判明しました。この端子はApple Watch Series2にも存在しますが、端末サポートに使われるのではないかと言われているだけで、通常の利用、用途には使われません

watch series2

隠し端子からは充電が可能であることが判明しており、充電池をバンドに取り付けることでバッテリー持続時間を延長できるのではないかと予想されていました。それ以外にもGPS機能(Series2で本体に搭載されました)やモバイル通信機能など様々な用途にこの端子が利用できるのではないかと期待されています。

機能性バンドとの連携で用途は無限

現在Apple Watchにはモバイル通信機能は搭載されていません。しかしApple Watch単体でも通信できれば便利と思う状況は多くあります。そんな時は拡張バンドに通信モジュールが搭載されていれば便利でしょう。バッテリー持続時間を伸ばしたいなら、ソーラパネル付きのバンドを使うのもいいかもしれません。

Apple Watch2

カメラ機能のついたバンドも面白そうです。今回の特許のような技術をAppleが本気で開発していくならApple Watchの可能性は大きく広がるはずです。Apple Watchに搭載しきれない機能をバンドが拡張キットとして補完する形が普及すればApple Watchはさらに面白いディバイスになると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ