ローソンの新レジはApple Payも使いやすくなった

Apple Pay開始当初、ローソンのレジでの使いにくさが話題になりました。しかし使いにくい古いレジ新しいレジに置き換えられており、その新しいレジには従来の不便さはありません。

LAWSON

古いレジは現金の方が便利だった

ローソンの古いレジでApple Payを使う場合、まずWalletアプリで利用する電子マネー(Suica、iD、QUICPay)を選んでおいて、その状態で決済端末にかざします。かざすとレジの液晶画面に電子マネーのボタンが出てくるので、それを押してからもう一度iPhoneもしくはApple Watchを端末にかざします

lawson

Apple Pay開始当初は店員さんも慣れていなかったため、「あれ?あれ?あ、大丈夫?あれ?あ、できた」って感じでスマートな決済ではありませんでした。これだけApple Payでの決済に手間がかかるなら、現金で支払った方が早かったかもしれません。ローソンでのこの不便さは新しいレジで完全に解消されています

ちなみに新しいレジのFelica読み取り部分の手前に大きな出っ張りがあるため端末をかざしにくいのではないかと思いましたが、Apple WatchでApple Payを使う場合は、そこに腕を置くと読み取りがスムーズにできました。iPhoneでもFelicaチップは上部に組み込まれているので、この突起が読み取りの邪魔になることはなさそうです。

多彩な決済に対応

alipay

ローソンは新しいレジを導入するのに合わせて、Apple Payなどを便利に使えるようにするだけでなく、LINE PayALIPAYにも対応しています。海外からの旅行者が日本のApple Payを使えないのは不便ですが、中国からのお客さんに限って言えばAIPAYに対応することでレジでのスマートな支払いが可能になっています。

toei subway

ちなみに都営地下鉄の自動券売機にもバーコードリーダーが搭載されているものが設置されています。もしかしたら近いうちにLINE PayALIPAYに対応するのかもしれません。海外から来るお客さんにスマートな決済で快適に過ごしてもらうために、これからどんどん対応が進んでいくと思われます。その過程で海外で販売されるiPhoneについてもSuicaが使えるようになってほしいと考えます。

更新情報を配信します

関連コンテンツ