無数にあるiPhone8に関する噂、大半は「iOS11」で真偽が判明するのでは?

次期iPhone(=iPhone8)に関する情報は多すぎで、どれが本当でどれが根拠のない噂かわからなくなっています。全面ディスプレイホームボタン廃止ワイヤレス充電顔認証AR機能など考えられるほとんどの情報がiPhone8に搭載されるとして噂されています。これら噂の信ぴょう性はまちまちですが、ほとんどの真偽が6月にも発表されるiOS11内の情報で判明するはずです。

wwdc

6月のWWDCの目玉はiOS11

これだけ噂が先行している次期iPhoneも珍しいですが、どの噂も現行のiOSでは実現できなさそうなものばかりです。新しい機能自体はiPhone8とiOS11を組み合わせることで初めて使えるようになるものも多そうですが、iOS11のベータ版内には確実にその準備が含まれるはずです。ディスプレイサイズの変更ホームボタンの廃止ドック表示の変更などはベータ版からすぐに判明してもおかしくはありません。

iphone8

実際、iOSのベータ版から次期iPhoneのディスプレイ解像度に関するヒントが見つかったことも多くあります。iPhone8が全画面ディスプレイを採用すれば縦方向に画面が拡大されるため、特殊な解像度なると予想されます。これを示唆するヒントiOS11のベータ版内から見つかる可能性は大きいでしょう。またワイヤレス充電顔認証などもベータ版のファイルを解析することで痕跡を発見できるかもしれません。

カメラ

今は根拠のない噂として多くの情報が出回っていますが、iOS11内でその噂を裏付けるような情報が見つかれば、一気にiPhone8への期待度は高まるはずです。6月のWWDCで発表されるiOS11は新機能だけでなく、次期iPhoneのヒントになるという意味でも期待できそうです。

iOS11はAR(拡張現実)にどう対応するか

次期iPhoneに追加される新機能として、AppleはAR(拡張現実)関連機能の開発に注力していると伝えられています。iOS11もAR機能で大幅な進化があるのではと期待されています。現時点でこの期待に根拠があるわけではありませんが、AppleがARに本格的に参入することを期待する向きは多くあります。Appleほどの規模の企業がiPhoneほどの普及ディバイスでAR業界に参入すれば、その影響は大きいでしょう。

コンセプト画像

Appleの影響力はAR全体の方向性を決めかねないものです。どうなるか、その一片がWWDCで発表されると期待します。そしてAppleがiOS11やiPhone8で大きな一歩を踏み出すとなれば、かなり楽しみです。世界中で販売される端末がAR機能を高度に組み込む世界は、どんな世界になるのでしょうか。

更新情報を配信します

関連コンテンツ