iPhoneに背面ホームボタン(Touch ID)はちょっと嫌かも…でも、心配無用?

昨日、中国のWebサイトに掲載された図面画像を元に、iPhone8ホームボタン(Touch ID)が背面に設置されるという情報が駆け巡りました。背面のホームボタン(Touch ID)はiPhoneの使い勝手を悪くするので勘弁してほしいと思っていたのですが、この情報は異論を唱える記事が出ています(No, Apple won’t move the home button and Touch ID to the back of the ‘iPhone 8’)。僕もこの記事の考えに概ね同意です。

iPhone8

図面ではiPhone5cくらい分厚くなる

ホームボタンTouch IDが背面に移されるという噂の元となったのが、iPhone8の図面とされる画像でした。しかしこの画像では本体の厚さが8.6mmとされており、これはiPhone5cより少し薄い程度、iPhone SEよりも分厚い寸法です。これまでのAppleの薄型化の方向性を覆すものであり、図面の信ぴょう性が低いとする根拠となっています。

fake

確かにiPhone SEiPhone5cのように4インチディスプレイだと多少分厚くても、片手での操作が可能ですが大画面スマートフォンは分厚ければ指の届く範囲が限定されてしまいます。そのことを考えてもiPhone8iPhone SEよりも分厚いという図面は信用に値しないのかもしれません。また今朝になって違う情報源からもiPhone8のTouch IDは現在のホームボタンの位置(ディスプレイ内)に設置されるという情報が出ています。

コンセプト画像

Touch IDをディスプレイ内に設置するのは技術的に難しいと言われていますが、それを乗り越えてAppleは画期的なiPhone8を作り上げようとしているのでしょう。万難を乗り越え、是非ともこのiPhone8を実現してもらいたいところです。

背面Touch IDはかなり不便

ホームボタンはすでにiPhone7Taptic Engineを利用した仮装ボタンの実装が実現しています。なのでこれ自体を現在の位置から移動する必要性はないはずです。しかしTocuh IDのセンサーをディスプレイ内に設置することが難しいとされており、Touch IDだけを背面に設置することも検討されている(いた)のは事実でしょう。

Touch ID

しかし背面にTouch IDがあれば机に置いた状態で起動することはできません。またApple Payを利用するときも背面のTouch IDのセンサー部分に手探りで指を当てる必要があります。iPhoneカバーもセンサー部分に穴が開くことになり、デザインはかっこ悪くなりそうです。その不便を解消するための「顔認証」なのかもしれませんが、Touch IDのような素早い認証が可能かは不明です。

macbook pro

MacBook ProのTouch BarではOLEDの表示領域にTouch IDを載せることに成功しています。これがiPhone8にも受け継がれることを期待しています。

更新情報を配信します

関連コンテンツ