iPhone8の「Touch ID背面への移動」に一喜一憂するんだろうか

今日、また新しいiPhone8のものとされる画像が公開されています。この画像が本当のiPhone8の姿なのかは不明ですが、徐々に漏れてくる情報が一つの方向を向いて来た感じはします。ただ最も気になるのが「iPhone8のTouch IDがどこに設置されるか」です。

カメラ

背面か、画面内か

iPhone8は全面ディスプレイになると予想されており、そのためホームボタンは廃止されるようです。この予測は多くの情報源からもたらされており、おそらく間違い無いのでしょう。しかしここで問題になっているのがTouch IDの設置場所です。これまで通りの使い勝手を追求するなら画面内(従来ホームボタンがあった場所)に設置するのが適当と思われますが、それが技術的に困難との情報がかなり多く出回っています。

fake

この困難を回避するため、iPhone8では背面にTouc IDが設置されるのでは?と噂が広がっています。しかし、この変更はデザイン的にも機能的にも避けて欲しいと考えています。持ち方が変わることで不便になるだけでなく、かっこ悪いiPhoneになりそうで、かなり心配しています。またケースにも穴が開くことになるので、こちらもデザイン的にあまりかっこよく無い仕上がりになりそうです。

今回、ダミーユニットとして公開されたiPhone8には背面のTocu IDは確認できません。これが最終形ではないとは思いますが、ぜひTouch IDは背面じゃなく、画面内に設置してもらいたいと思います。これから、公式発表までこうした流出画像で一喜一憂することになるのでしょう。

背面カメラでは妥協

Appleは製品デザインにもこだわりがある」と一般的に信じられていますがiPhone6から背面カメラの出っ張りで妥協した過去があります。フラットな背面を実現するのか、カメラの画質を取るのか本体の厚みを取るのか、その選択に迫られたAppleはデザイン面には目を瞑り、機能を優先させました。

iphoen6

今回も同じようなことが起こるのではないか、と心配しています。しかしTouch IDが背面に移るとデザインだけでなく、機能面でも問題が出て来そうです。正面から見たときのデザインを優先するため、背面のデザイン、機能を犠牲にするのでしょうか。試作品とされる複数の画像が流出しているところを見ると、Appleもかなり悩んでいると考えられます。

ぜひ画面内にTouch IDを設置して、すっきりとしたデザインのiPhoneを維持してもらいたいところです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ