docomoのLTEが山手線、大阪環状線でイケイケに

ドコモのLTE(Xi)はサービス開始からずっと速度とエリアで不満をぶつけられる存在でした。それはiPhone5s/5cが発売されても変わらなかったのですが、改善への兆しが見えてきました。というより理論上の速度では他社の追随を許さない段階に突入しつつあります。

ドコモの公式ツイッターアカウントは誇らしげにつぶやいています。

【山手線LTE高速化プロジェクト】有楽町駅・秋葉原駅・品川駅・田町駅・神田駅・上野駅・大塚駅・目白駅・新大久保駅で通信速度が向上し、「受信時最大150Mbps」のLTEサービスを開始しました。これにより、多くの方がより快適に使えるようになります。
— NTTドコモ (@docomo) 2013, 12月 26

JR大阪環状線の全駅ホームで「受信時最大150Mbps」のdocomo LTE Xiサービスがご利用いただけるようになりました!混雑時にもサクサク繋がるドコモの高速通信をご体感ください。
— NTTドコモ (@docomo) 2013, 12月 26

この高速化は当初の予告通りですが 予定通り進むことはいいことです。このまま東京の山手線の全駅を年内にエリア化していく計画とされています。

ソフトバンクはようやく関東の一部地域で下り最大112.5Mbpsエリアの試験的運用を始めたところ。auは112.5Mbpsエリアではドコモをリードしているものの、150Mbpsエリアは3ヵ所整備しているだけ(公式発表ベース)。それに対してドコモの整備はかなり進んでいると言っていいでしょう。ただエリアの広がりはまだまだで、駅では150Mbpsエリアだけども、駅周辺は75Mbpsエリアという例も多いようです。

オレンジが大阪周辺の150Mbpsエリア(5月の予定)

あと半年もすれば大都市圏の中心部は比較的穴が少なく下り最大150Mbpsに対応する計画となっています。その時Xiの評判はどうなっているのでしょうか。楽しみです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ