Apple Watchでの飛行機搭乗、もう少し何とかならんかなぁ

今日、羽田から帯広まで飛行機を利用してきたのですが、試してみたいと思っていたApple Watchでの搭乗を試してみました。便利な時代になったのかもしれませんが、空港の設備などはまだまだApple Watchでの搭乗には対応しきれていない印象です。

JALのカウントダウンアプリとAppleのwalletアプリがJALの二次元バーコード表示に対応しています。しかしJALのカウントダウンアプリはバーコード読み取り機に読み込ませるために手を逆さまにするとApple Watchの画面が消えてしまい、不便そうなのでバーコードはwalletアプリに転送して表示させます(これだと消えません)。

JALのアプリ自体は細かく搭乗までの時間を表示してくれるのは良かったです。Walletアプリの方も登場時かが近づくと、常に通知を表示してくれるのですぐにバーコードを表示できるようになっていました。

しかし一番不便だったのが、保安検査場や搭乗口で右側に設置された読み取り機に左手のApple Watchを近づけて読み取らせる点です。しかも手首をひっくり返さなければいけません。これは無理な姿勢です。これだと普通にiPhoneに表示させたバーコードを読み取らせる方が楽です。

将来的にApple Payが普及した場合、店頭での支払いでもこの問題は出てくるでしょう。また鉄道の自動改札の通過にもApple Watchが使えれば便利と言われますが、左この問題はここでも必ず障害になると思われます。これはなんとかならんのかなぁという感想です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ