Appleも「重要な市場」でApple Payを急速に準備していることを認める

Appleの幹部が「Apple製品が販売されている重要な市場でApple Payを急速に準備している」と発言しています。(英語記事:Apple eyes Apple Pay expansion into Asia and Europe, looks to roll out in ‘every significant market’

applepay

日本は重要な市場に入るのか?

そこで気になるのが日本です。重要な市場に日本が入っているかどうかが気になりますが、もちろん入っていると考えるのが自然です。Appleの決算発表では日本の地域売上高を毎回発表しています。国ごとに発表されるのは日本以外にはアメリカと中国のみです。この日本が重要な市場に入っていないわけはありません。

Apple Pay wathc

日本以外でも、Apple Pay未開の地であるヨーロッパでも準備が進んでいるようです。Appleのサービスの基本は「全世界で使えること」であり、これはApple製品が多くの人に支持される背景にあります。Apple Payが世界中で使えるようになるのは時間の問題だと思われます。

日本のApple Payは具体的にはいつから?

これまで日本のApple Payに関する情報はカード会社からの情報が主体でした。Master Cardは今年後半にもApple Payで使える端末を全国に設置することを計画として認めています。おそらくAppleと歩調を合わせているとみられ、Apple Payが今年後半にも使えるようになるのは既定事実のような扱いとなっています。

発表のタイミングは早ければ来月のWWDCかもしれません。また利用可能になるタイミングとしてはiOS10のリリース時が有力なんじゃないかと思います。今年の秋、日本でもApple Payが使えるようになる可能性は十分にあると考えます。

Apple Payはどこで使えるのか?

では、Apple Payはどこで使えるようになるのでしょうか。コンビニや飲食店での利用ができればベストなのですが、一気に対応端末を普及させるのは難しいかもしれません。もしかしたら都市部からの対応になるかもしれませんが、Appleはサービス開始時のスケールに拘る傾向もあります。

using apple pay

数百カ所、数千カ所で利用可能となった状態でApple Payのサービス開始となると考えます。Apple Payが使えるようになれば、大方のことがiPhoneで済ませられます。おサイフケータイのいいところがiPhoneにもようやくやってくるのは大大大歓迎です

更新情報を配信します

関連コンテンツ